グループE』カテゴリの記事一覧です。

2006年06月23日

ガーナ×アメリカ

■ガーナ
GKキングストン
DFメンサー、パインスティル、イリアス、モハメド
MFアッピアー、エッシェン、ドラマニ(80’テキエ=メンサー)、ボアテング(46’オットー・アッド)
FWアモアー(59’エリック・アッド)、ピンポン

■アメリカ
GKケラー
DFコンラッド、オニェウ、チェルンドロ(60’ジョンソン)、ボカネグラ
MFルイス(74’コンヴェイ)、デンプシー、レイナ(40’オルセン)、ビーズリー、ドノバン
FWマクブライド

ガーナ 2-1 アメリカ

ガーナの得点:22分ドラマニ、45分アッピアー(PK)
アメリカの得点:43分デンプシー

GHA-USA_Appiah_Amoah_Pantsil_Draman_Boateng.jpg
ガーナが幸先よく先制。

GHA-USA_Beasley_McBride_Lewis_Dempsey.jpg
次へ進むには勝つしかないアメリカ。

GHA-USA_Appiah_Pimpon.jpg
PKを決めて勝ち越し。

これでガーナが勝点を6に。チェコが負けたため2位で決勝トーナメントへ進みます。順当に行けばブラジルですが…。
posted by マクロード at 02:32 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループE

チェコ×イタリア

■チェコ
GKチェフ
DFグリゲラ、ロゼフナル、コバチ(78’ハインツ)、ヤンクロフスキ
MFポラーク(45’)、ポボルスキー(46’スタイネル)、ロシツキー、ネドベド、プラシル
FWバロシュ(64’ヤロリム)

■イタリア
GKブッフォン
DFザンブロッタ、カンナバーロ、ネスタ(17’マテラッツィ)、グロッソ
MFカモラネージ(73’バローネ)、ピルロ、ペッロッタ、ガットゥーゾ
FWトッティ、ジラルディーノ(60’インザーギ)

チェコ 0-2 イタリア

イタリアの得点:26分マテラッツィ、87分インザーギ

CZE-ITA_Materazzi_Gilardino_Cannavaro.jpg
17分にネスタが痛んで代わりに入ったマテラッツィのゴールで先制。コーナーからだった。


CZE-ITA_Polak_Plasil_Camoranesi_Cannavaro.jpg
しかし、前半終了間際。ポラクがこの日2枚目のイエローで退場。


CZE-ITA_Inzaghi_Cech.jpg
途中出場のインザーギがダメ押し点。


CZE-ITA_Totti_Kovac.jpg
ケガ人が出てからうまく回らなくなったチェコはここで姿を消すことになります。

1位イタリア 勝点7
2位ガーナ  勝点6
3位チェコ  勝点4
4位アメリカ 勝点1
posted by マクロード at 02:17 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループE

2006年06月18日

イタリア×アメリカ

■イタリア
GKブッフォン
DFザッカルド(54’デル・ピエロ)、ネスタ、カンナバーロ、ザンブロッタ
MFペッロッタ、ピルロ、デ・ロッシ(28’)、トッティ(35’ガットゥーゾ)
FWトニ(61’ヤクインタ)、ジラルディーノ

■アメリカ
GKケラー
DFチェルンドロ、オニェウ、ポープ(47’)、ボカネグラ
MFマストロエニ(45’)、デンプシー(62’ビーズリー)、レイナ、コンベイ(51’コンラッド)、ドノバン
FWマクブライド

イタリア 1-1 アメリカ

イタリアの得点:22分ジラルディーノ
アメリカの得点:27分ザッカルド(OG)

ITA-USA_Mastroeni_Nesta.jpg
後半開始直後のマストロエニの一発レッド。

ITA-USA_Pope_Gattuso.jpg
わずか2分後のポープの2枚目のイエロー→レッド

ITA-USA_Totti_Mastroeni.jpg
すべてはこの開始4分のトッティのイエローから始まりました。
posted by マクロード at 08:31 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループE

チェコ×ガーナ

おめでと、アフリカ勢初勝利。
■チェコ
GKチェフ
DFグリゲラ、ロゼフナル、ウイファルシ(66’)、ヤンクロフスキ
MFガラセク(46’ポラク)、ポボルスキー(55’スタイネル)、ロシツキー、プラシル(68’シオンコ)、ネドベド、ロクベンツ

■ガーナ
GKキングストン
DFパインスティル、イリアス、メンサー、モハメド
MFオットー・アッド(46’ボアテング)、アッピアー、エッシェン、ムンタリ
FWギャン(85’ピンポン)、アモアー(80’エリック・アッド)

チェコ 0-2 ガーナ

ガーナの得点:2分ギャン、82分ムンタリ

チェコにとっては2分でのゴールは痛かった。そこからずっと攻めなきゃいけなくて前がかりにならざるをえなかった。
CZE-GHA_Gyan.jpg

それにしても、ケガのコラーの代わりに入ったロクベンツは使い物にならないくらいポストプレーが出来ない。
ここまで出来ないとチェコのいい部分が台無し。
アメリカ戦に比べると運動量が少ない。むしろガーナの中盤の方がよく動けていた。
CZE-GHA_Appiah.jpg
このアッピアーや、
CZE-GHA_Muntari_Rosicky.jpg
ムンタリ、エッシェンらで構成される中盤は運動量が豊富。ただ、余計なファウル(イエローカード)が多い。

CZE-GHA_Nedved_OttoAddo.jpg

後半、得点を取りに前がかりになったところでくらったカウンター。
何度も何度もピンチを迎えるチェコ。
ガーナのミドルシュートがFWのギャンの足に当たりこぼれたのがキーパーと1対1になり、ウイファルシがファウルで止めPKを与えたシーン。(下の写真は違います)
CZE-GHA_Ujfalusi_Gyan.jpg
抗議したウイファルシが一発レッド。抗議だけでレッドカードは酷すぎるが、あまりにも決定的なシーンをファウルで止めたことも含めてのものなのかな?
まぁともかくPKが決まるにせよ、この時点でチェコは終わりです。

CZE-GHA_Cech_Stajner_Polak_Muntari.jpg
右ポストに当たって外れました(笑)
ガーナの決定力の無さというのがこんなところにも。

しかし、この後ちゃんとガーナは追加点。
あれだけ上がってしまったらいつかは失点するとは思ってました。
CZE-GHA_Nedved.jpg
ガーナは、勝ったんですが、余計なイエローを貰いすぎていて次の試合が苦しいです。
FWのギャン、MFのムンタリは次戦のアメリカ戦には出場出来ません。

同様にチェコはロクベンツが出られません。まぁ正直言って今日のロクベンツの出来なら必要ないと言いたいんですが、コラー、バロシュがケガでいないのでFWが、ね?
posted by マクロード at 08:18 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループE

2006年06月13日

イタリア×ガーナ

イタリアはケガでザンブロッタとガットゥーゾを欠く以外はベストメンバー。

ITA-GHA_Italia-thumbnail2.jpg
■イタリア
GKブッフォン
DFザッカルド、ネスタ、カンナバーロ、グロッソ
MFペッロッタ、ピルロ、デ・ロッシ、トッティ(56’カモラネージ
FWトーニ(82’デル・ピエロ)、ジラルディーノ(64’ヤクインタ


ITA-GHA_Ghana-thumbnail2.jpg
■ガーナ
GKキングストン
DFペイントシル、クフォー、メンサー、パッポエ(46’イリアス)
MFエリック・アッド、ムンタリ、エッシエン、アッピアー
FWギャン(89’テキエ=メンサー)、アモアー(68’ピンポン)

イタリア 2-0 ガーナ

この試合もイタリアの強さが目立つ試合となった。
イタリアはピルロを中盤の底に、右にデ・ロッシ、左にペッロッタ、トップ下にトッティを置くシステム。
一方のガーナはエリック・アッドが守備的MF、その前にアッピアー、ムンタリ、エッシェンが並ぶ形。
序盤からお互いが攻め合う展開。中盤で細かくパスを繋ぎながら攻めるガーナに対し、中盤を飛ばしてロングパスをトニに当てて攻めるイタリア。
トッティに対しては厳しくチェックにいくガーナだが、ピルロに対してはほとんどフリーにさせたまま。

ワンタッチでボールを繋いでプレスをかいくぐるようになったイタリアは前線のトニへパス。コレを頭でトラップしたトニはボールが落ちきる前にシュート。
惜しくもクロスバーに阻まれ得点ならず。

ITA-GHA_Pirlo-thumbnail2.jpg前半40分。左CKから引いていたピルロにグラウンダーのパス。これをフリーで打ったピルロ。これが右ポスト脇に決まりイタリアがようやく先制。

ガーナもボールを奪ってから素早く攻めるが、素早く守りを固めるイタリアを崩せない。

後半が始まると共にガーナは選手交代。パッポエに代えてイリアス投入。
後半になっても展開にさほど大きな変化はない。
イタリアは守備ブロックがやはり強固。バイタルエリアでは自由にさせない。ある程度の位置にボールが運ばれればプレスが厳しくなりガーナはいいクロスが挙げられない。
ITA-GHA_Totti-thumbnail2.jpg後半11分。早くもトッティが交替で下がる。代わりに入ったのがカモラネージ。これで、カモラネージが右、ペッロッタが左、ピルロとデ・ロッシがセンターの中盤に変形。

後半19分にはジラルディーノを下げて、ヤクインタ。この二つの交替が見事。
最初ヤクインタはそのままジラルディーノのポジションに入っていたが前がかりになるガーナのサイドバックの後方のスペースを突くため中盤の左に位置するようになる。ペッロッタはトップ下あたりに位置している。

前がかりになるガーナから中盤あるいはバックラインでボールを奪ったイタリアは素早く前にボールを入れる。トニがボールをはたいた瞬間、ヤクインタ、カモラネージらが前方へダッシュ。3人ほどで素早いカウンターをみせる。
この展開でひとつ決定的なチャンスを迎えるがわずかにオフサイドで流れる。

ITA-GHA_Iaquinta_Gattuso-thumbnail2.jpg後半37分。トニに代えてデル・ピエロが入る。デル・ピエロは中盤の左に、ヤクインタは再びトップに入った。
この交替の直後の38分。前方に出されたパスにヤクインタとクフォーが走る。わずかにクフォーが前へ出て事無きを得た、かに思えたがクフォーがパックパスをミス(弱かった)。スピードに乗っていたヤクインタがこのボールをかっさらい、キーパーのキングストンと1対1に。難なくかわし、イタリア決定的な2点目を奪取。

このまま2-0でイタリアが勝利。ガーナの攻撃をしぶとく守り抜いたイタリアが相手のミスをきっちり得点に結びつけての勝利。
途中出場のカモラネージも守備に攻撃に素晴らしい活躍だった。

ITA-GHA_Essien_De_rossi-thumbnail2.jpg一方のガーナは、イタリアの素早いプレスに自慢の中盤でのパス回しもあまり見せられず、打ったシュートも打たされたようなものが多かった。
アッピアーはリードされてからは、明らかにイライラしている様が見て取るように分かった。攻撃的に振る舞うが決定的な仕事は出来なかった。

“第二の死のグループ”と言われるグループGだが、緒戦を終えてみれば優位と見られる2チームが力の差を見せ付ける試合を見せた。イタリアとチェコの1位争いが今後の焦点か。
ITA-GHA_Appiah_Cannavaro.jpg
posted by マクロード at 06:44 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループE

アメリカ×チェコ

チェコ、めちゃくちゃ強ぇ!!今まで出てきたチームで一番いいサッカーしてた。

■アメリカ
GKケラー
DFチェルンドロ(46’オブライエン)、ポープ、オニェウ、ルイス
MFマストロエーニ(46’エディ・ジョンソン)、レイナ、ビーズリー、ドノバン、コンベイ
FWマクブライド(77’ウォルフ)

■チェコ
GKチェフ
DFグリゲラ、ロゼフナル、ウイファルシ、ヤンクロフスキ
MFガラセク、ポボルスキー(82’ポラーク)、ロシツキー(86’スタイネル)、ネドヴェド、プラシル
FWコレル(46分ロクベンツ

アメリカ 0-3 チェコ

日本戦を見た後のせいか、チェコのサッカーがすごくよく見える。
いや、実際チェコは素晴らしいサッカーをし、アメリカにまるでプレーさせなかった。
チェコは「4-1-4-1」。DFラインの前に守備専業でガラセクを置き、その前に右からポボルスキー、ロシツキー、ネドベド、プラシルが並び、トップにはコレルが入る。

開始5分。アメリカのゴールキックのボールをチェコが取り、高い位置に残っていたグリゲラへパス。グリゲラは敵陣深くまでボール運びフリーで中央へクロス。そこにいたのがコレル。高さを活かした素晴らしいクロスはドンピシャでコレルの頭をとらえる。
USA-CZE_Koller.jpg
その後も、チェコはプレッシングを怠らず、アメリカの最終ラインにボールが戻ってもプレッシャーを掛け続け、アメリカは前に正確なボールが全く送れない。
それでも、試合を通じて2〜3度は決定的なシーンは作った。
後半あたまから入ったエディ・ジョンソンは少し引いてきて、チェコのチェックが来る前に素早くシュートに行ったり、前半のポストを叩いたシーンも素早いカウンターから中盤のチェックが来る前に打ったシュートだった。

この試合、とりわけめだったのはロシツキー、ネドベドら。攻揃だけじゃなく守備でも顔を出し素早いプレスからボールを奪えば、トップのコラーに当てて帰ってきたボールを受けまたパスを出す。決定的なチャンスはたくさんあったわけじゃなかったが、チャンスを確実に決めた。

USA-CZE_Rosicky-thumbnail2.jpg
前半36分。左サイドへ抜けたネドベドが中央へクロス。
このボールをDFが跳ね返すがボールを拾ったロシツキーが30bほどの距離からミドルシュート。
これが右サイドネットに突き刺さり、チェコが2点目を得る。

USA-CZE_Rosicky_Keller.jpg

USA-CZE_Rosicky_Galasek2-thumbnail2.jpg後半25ごろには高い位置でボールを奪ったチェコが素早いパス交換からロシツキーへ。
少し前が空いたところに少しドリブルで運び、ここからまたミドルを放つ。
惜しくもクロスバーに阻まれたが、ロシツキーのミドルの精度は高い。

後半31分にはネドベドからのボールに後ろから走ってきたロシツキーへのパス。これに抜け出したロシツキーはキーパーを見て右足で放り込んでチェコが3点目。

チェコの完勝。アメリカにまるで付け入る隙を与えなかった。これほどまでにチェコのクオリティが高いとは。

USA-CZE_Koller_Onyewu-thumbnail2.jpg
しかし、ひとつだけ気になることが。
前半終了間際、前へ出したボールにDFと競り合うように走っていたコレルが右ハムストリングを痛めて負傷交替したこと。

接触したわけでもないのに足を抑えて倒れている姿を見て、痛めたことはすぐに分かった。
詳しくはまだ分からないが多分グループリーグはもう出られないと思う。

USA-CZE_Koller_injury.jpg
posted by マクロード at 03:39 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループE

2006年06月08日

W杯 - チェコ代表

GK1ペトル・チェフ
Petr CECH
チェルシー(ENG)
23アントニン・キンスキー
Jaromir BLAZEK
サトゥラン(RUS)
16ヤロミール・ブラゼク
Antonin KINSKIY
スパルタ・プラハ
DF2ズデネク・グリゲラ
Zdenek GRYGERA
アヤックス(NED)
3パベル・マレス
Pavel MARES
ゼニト(RUS)
6マレク・ヤンクロフスキ
Marek JANKULOVSKI
ミラン(ITA)
13マルティン・イラネク
Martin JIRANEK
スパルタク・モスクワ(RUS)
21トマス・ウイファルシ
Tomas UJFALUSI
フィオレンティーナ(ITA)
22ダビド・ロゼーナル
David ROZEHNAL
パリSG(FRA)
MF4トマス・ガラセク
Tomas GALASEK
アヤックス(NED)
ニュルンベルク(GER)※4
5ラドスラフ・コバチ
Radoslav KOVAC
スパルタク・モスクワ(RUS)
7リボル・シオンコ※2
Libor SIONKO
レンジャーズ(SCO)
8カレル・ポボルスキー
Karel POBORSKY
チェスケ・ブディヨビツェ
10トマス・ロシツキー
Tomas ROSICKY
ドルトムント(GER)
アーセナル(ENG)※1
11パベル・ネドベド
Pavel NEDVED
ユベントス(ITA)
14ダビド・ヤロリム
David JAROLIM
ハンブルガーSV(GER)
17イリ・スタイネル
Jiri STAJNER
ハノーファー96(GER)
19ヤン・ポラク
Jan Polak
ニュルンベルク(GER)
20ヤロスラフ・プラシル
Jaroslav PLASIL
モナコ(FRA)
FW9ヤン・コラー
Jan KOLLER
ドルトムント(GER)
モナコ(FRA)※3
12ウラティスラフ・ロクベンツ
Vratislav LOKVENC
ザルツブルク(AUT)
15ミラン・バロシュ
Milan BAROS
アストン・ビラ(ENG)
18マレク・ハインツ
Marek HEINZ
ガラタサライ(TUR)
※1ドルトムントからアーセナルへの移籍が決まったロシツキーの所属クラブを変更。
※2ケガのシュミチェルに代わってMFシオンコを招集。
※3ドルトムントからモナコへの移籍が決まったコラーの所属クラブを変更。
※4アヤックスからニュルンベルクへの移籍が決まったガラセクの所属クラブを変更。
posted by マクロード at 09:01 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループE

W杯 - アメリカ代表

GK1ティム・ハワード
Tim HOWARD
マンチェスター・U(ENG)
エバートン(ENG)
18ケーシー・ケラー
Kasey KELLER
ボルシアMG(GER)
19マーカス・ハーネマン
Marcus HAHNEMANN
レディング(ENG)
DF2クリス・オルブライト
Chris ALBRIGHT
LA・ギャラクシー
3カルロス・ボカネグラ
Carlos BOCANEGRA
フルハム(ENG)
6スティーブ・チェルンドロ
Steve CHERUNDOLO
ハノーファー(GER)
7エディー・ルイス
Eddie LEWIS
リーズ・U(ENG)
12グレッグ・バーバルター※
Gregg BERHALTER
コットブス(GER)
13ジミー・コンラッド
Jimmy CONRAD
ウィザーズ
22オグチ・オニェウ
Oguchi ONYEWU
スタンダード・リエージュ(BEL)
23エディー・ポープ
Eddie POPE
リアル・ソルトレーク
MF4パブロ・マストロエーニ
Pablo MASTROENI
コロラド・ラピッズ
5ジョン・オブライエン
John O'BRIEN
チバスUSA
8クリント・デンプシー
Clint DEMPSEY
レボリューション
10クラウディオ・レイナ
Claudio REYNA
マンチェスター・C(ENG)
14ベン・オルセン
Ben OLSEN
DCユナイテッド
15ボビー・コンベイ
Bobby CONVEY
レディング(ENG)
17ダマルカス・ビーズリー
DaMarcus BEASLEY
PSVアイントホーフェン(NED)
21ランドン・ドノバン
Landon DONOVAN
LA・ギャラクシー
FW9エディ・ジョンソン
Eddie JOHNSON
ウィザーズ
11ブライアン・チン
Brian CHING
ダイナモ
16ジョシュ・ウォルフ
Josh WOLFF
ウィザーズ
20ブライアン・マクブライド
Brian McBRIDE
フルハム(ENG)
※ コリー・ギブスに代わり、グレッグ・バーバルターを追加招集。
posted by マクロード at 09:00 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループE

W杯 - ガーナ代表

GK1サミー・アジェイ
Sammy ADJEI
アシドッド(ISR)
16ジョージ・オウ
George OWU
アシャンティ
22リチャード・キングストン
Richard KINGSTON
アンカラスポル(TUR)
DF2ハンス・サルパイ
Hans SARPEI
ヴォルフスブルク(GER)
4サミュエル・オセイ・クフォー
Samuel Osei KUFFOUR
ローマ(ITA)
5ジョン・メンサー
John MENSAH
レンヌ(FRA)
6エマヌエル・パッポエ
Emmanuel PAPPOE
H・クファー・サヴァ(ISR)
7シラ・イリアス
Shilla ILLIASU
アサンテ・コトコ
13ハビブ・モハメド
Habib MOHAMMED
キング・ファイサル
15ジョン・ペイントシル
John PAINTSIL
H・テルアビブ(ISR)
17ダニエル・クアイェ
Daniel QUAYE
ハーツ・オブ・オーク
21アーメド・イサー
Ahmed ISSAH
ラナスFC(DEN)
MF8マイケル・エッシェン
Michael ESSIEN
チェルシー(ENG)
9デレク・ボアテン
Derek BOATENG
AIKソルナ(SWE)
10ステファン・アッピアー
Stephen APPIAH
フェネルバフチェ(TUR)
11サリー・ムンタリ
Sulley MUNTARI
ウディネーゼ(ITA)
18エリック・アッド
Eric ADDO
PSVアイントホーフェン(NED)
20オットー・アッド
Otto ADDO
マインツ(GER)
23ハミヌ・ドラマニ
Haminu DRAMANI
レッドスター(SMN)
FW3アサモアー・ギャン
Asamoah GYAN
モデナ(ITA)
12アレックス・テキエ=メンサー
Alex TECHIE-MENSAH
ザンクトガレン(SUI)
14マシュー・アモアー
Matthew AMOAH
ドルトムント(GER)
19ラザク・ピンポン
Razak PIMPONG
FCコペンハーゲン(DEN)
posted by マクロード at 08:59 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループE

W杯 - イタリア代表

GK1ジャンルイジ・ブッフォン
Gianluigi BUFFON
ユベントス
12アンジェロ・ペルッツィ
Angelo PERUZZI
ラツィオ
14マルコ・アメリア
Marco AMELIA
リボルノ
DF2クリスチャン・ザッカルド
Christian ZACCARDO
パレルモ
3ファビオ・グロッソ
Fabio GROSSO
パレルモ
インテル※
5ファビオ・カンナバーロ
Fabio CANNAVARO
ユベントス
6アンドレア・バルツァッリ
Andrea BARZAGLI
パレルモ
13アレッサンドロ・ネスタ
Alessandro NESTA
ミラン
19ジャンルカ・ザンブロッタ
Gianluca ZAMBROTTA
ユベントス
22マッシモ・オッド
Massimo ODDO
ラツィオ
23マルコ・マテラッツィ
Marco MATERAZZI
インテル
MF4ダニエレ・デ・ロッシ
Daniele DE ROSSI
ローマ
8ジェンナロ・ガットゥーゾ
Gennaro GATTUSO
ミラン
16マウロ・ヘルマン・カモラネージ
Mauro German CAMORANESI
ユベントス
17シモーネ・バローネ
Simone BARONE
パレルモ
20シモーネ・ペッロッタ
Simone PERROTTA
ローマ
21アンドレア・ピルロ
Andrea PIRLO
ミラン
FW7アレッサンドロ・デル・ピエロ
Alessandro DEL PIERO
ユベントス
9ルカ・トニ
Luca TONI
フィオレンティーナ
10フランチェスコ・トッティ
Francesco TOTTI
ローマ
11アルベルト・ジラルディーノ
Alberto GILARDINO
ミラン
15ビンチェンツォ・ヤクインタ
Vincenzo IAQUINTA
ウディネーゼ
18フィリッポ・インザーギ
Filippo INZAGHI
ミラン
posted by マクロード at 08:58 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループE

2006年06月06日

グループE - 順位表

Group E
ITAGHAUSACZE勝点
イタリア――2○01△12○021517
ガーナ0●2――2○12○021436
アメリカ1△11●2――0●312261
チェコ0●20●23○0――12343
イタリア(ITA)ガーナ(GHA)アメリカ(USA)チェコ(CZE)
6/12(21:00) ハノーファー6/17(21:00) カイザース6/22(16:00) ハンブルク
ITA2×0GHAITA1×1USACZE0×2ITA
6/12(18:00) ゲルゼン6/17(18:00) ケルン6/22(16:00) ニュルンベルク
USA0×3CZECZE0×2GHAGHA2×1USA
posted by マクロード at 09:00 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループE

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。