2006年06月28日

1回戦-ブラジル×ガーナ

■ブラジル
GKヂダ
DFカフー、ルッシオ、ファン、ロベルト・カルロス
MFエメルソン(46’ジウベルト・シウバ)、ゼ・ロベルト、カカ(83’リカルジーニョ)、ロナウジーニョ
FWアドリアーノ■(61’ジュニーニョ)、ロナウド

■ガーナ
GKキングストン
DFパントシル、イリアス、メンサー、パッポー
MFドラマニ、エリック・アッド(60’ボアテング)、アッピアー、ムンタリ
FWアモアー(69’テキエ・メンサー)、ギャン(81’)

ブラジル 3-0 ガーナ

ブラジルの得点:4分ロナウド、46分アドリアーノ、84分ゼ・ロベルト

BRA-GHA_Ronaldo_Kingston.jpg
先制したのはブラジル。アドリアーノが囮になって(オフサイドポジションだったが)DFを引き連れている内にロナウドがラインを破ってボールを受ける。キーパーと1対1になれば、もうロナウドは簡単に決めてみせる。

BRA-GHA_Adriano.jpg
前半ロスタイムにカウンターからアドリアーノ。ブラジルの素早いカウンターに線審追いつけず、オフサイドポジションのアドを見逃す。ま、この得点が無くても……。

BRA-GHA_ZeRoberto.jpg
ガーナも細かいパスを繋いでよく攻めたが、如何せん決定力がない。数チャンスでそれを得点に結びつけたブラジルと比べるとどうしてもここが劣る。

後半、なんどもラインの裏を取っていたブラジルがようやく得点に結びつける。
するすると上がってきたゼ・ロベルトに合わせてパスが入る。
飛び出してきたキーパーを上手くかわし、無人のゴールに入れるだけ。

後半はキーパーと1対1という場面は何度か作ってはいたが、この試合は守備でガーナを封殺。危なげなく勝利を収めた、と言ったところだろうか?
posted by マクロード at 02:56 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | 決勝トーナメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19951660
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。