2006年07月10日

決勝 - イタリア×フランス

■イタリア
GKブッフォン
DFザンブロッタ、カンナバーロ、マテラッツィ、グロッソ
MFカモラネージ(86’デル・ピエロ)、ピルロ、ガットゥーゾ、ペッロッタ(61’ヤクインタ)、トッティ(61’デ・ロッシ)
FWトーニ

■フランス
GKバルテズ
DFサニョル、テュラム、ガラ、アビダル
MFヴィエラ(56’ディアラ)、マケレレ、リベリ(100’トレゼゲ)、ジダン(110’)、マルダ
FWアンリ(107’ヴィルトール)

イタリア 1(5PK3)1 フランス

イタリアの得点:11分マテラッツィ
フランスの得点:5分ジダン(PK)

ITA-FRA_1stGoal_Zidane.jpg
前半5分にマルダが倒されてPKを獲得。これをジダンがふんわりとしたボールで中央に蹴り込む。しかし、クロスバーに当たって下へ。地面でバウンドしたボールがラインを超えていたためゴールイン。危なかったぞ。

ITA-FRA_2ndGoal_Materazzi.jpg
しかし、イタリアはセットプレイで同点に追いつく。

ITA-FRA_Zidane11.jpg
90分で終わらなかった試合は延長後半にジダンの退場という形でPK戦まで突入。
PK戦を制したイタリアが優勝。24年ぶり4度目の優勝。

なんだかんだ、攻撃サッカーは封印したまま守備力で頂点まで登りつめた感じ。フランスもイタリアも守備ブロックは強固で、数少ない決定機を高い決定力で決め勝利をたぐり寄せてきた。

MVPはこの試合で退場したジダン。3大会続けて準優勝のチームからMVPが選ばれた。
引退することが決まっているジダンへのプレゼントみたいだ。

とりあえず、この臨時ブログはこの記事をもって終了。すぐに消すわけでもなくしばらくは放置です。
まぁ、本家McLoad Bookletにでもお越し下さいませ。
posted by マクロード at 22:16 | Permalink | Comment(30) | TrackBack(1) | 決勝トーナメント

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。