2006年06月28日

1回戦-スペイン×フランス

■スペイン
GKカシージャス
DFセルヒオ・ラモス、パブロ、プジョル、ペルニア
MFセスク、シャビ(72’マルコス・セナ)、シャビ・アロンソ
FWビージャ(54’ホアキン)、フェルナンド・トーレス、ラウール(54’ルイス・ガルシア)

■フランス
GKバルテズ
DFサニョル、テュラム、ガラ、アビダル
MFジダン、マケレレ、ヴィエラ、マルーダ(74’ゴブ)、リベリ
FWアンリ(88’ヴィルトール)

スペイン 1-3 フランス

スペインの得点:28分ビジャ(PK)
フランスの得点:41分リベリ、83分ヴィエラ、92分ジダン

ESP-FRA_Ribery.jpg
この試合でも先発してきたリベリ。最初に比べればかなりフィットしてきた。

ESP-FRA_Zidane.jpg
この日のジダンはグループステージでの試合に比べて、動けていた。自ら前へ飛び出していったり得点の意識も高い。

ESP-FRA_Torres.jpg
スペインの方はこのトーレスやビジャにまでなかなかボールがつなげられない。

ESP-FRA_Henry.jpg
アンリはライン裏への飛び出しに徹していたようだ。しかし、度々オフサイドにかかる。

ESP-FRA_Villa.jpg
待望の先制点はスペインに。CKからこぼれたボールを再びPA内のパブロに入れた所でヴィエラに倒されてPK。これをビジャが冷静に沈める。

ESP-FRA_Ribery_Casillas.jpg
しかし、41分。再三オフサイドにかかっているアンリを囮にするようにリベリがライン裏へ抜け出す。キーパーとの1対1を制しフランスが同点に追いつく。

ESP-FRA_Ribery2.jpg

ESP-FRA_Ribery3.jpg


後半にはいって、先に動いたのはスペイン。ビジャ、ラウールを下げ、ホアキン、ルイス・ガルシアを投入。得点を取りにいく。
ESP-FRA_Vieira_Casillas.jpg

ESP-FRA_Vieira_Casillas_SergioRamos_Pablo_Puyol_Gallas.jpg
しかし、後半38分。FKからヴィエラが至近距離でヘッドを決め、終盤でフランス勝ち越し。

ESP-FRA_Zidane_Govou.jpg
残り時間も少なくなり前がかりになった所を素早いプレスでカウンター。
これをジダンが技ありゴールでスペインにとどめを刺す。

フランスがスペインを倒し、ベスト8に駒を進める。次はブラジルが相手です。
posted by マクロード at 06:36 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | 決勝トーナメント

1回戦-ブラジル×ガーナ

■ブラジル
GKヂダ
DFカフー、ルッシオ、ファン、ロベルト・カルロス
MFエメルソン(46’ジウベルト・シウバ)、ゼ・ロベルト、カカ(83’リカルジーニョ)、ロナウジーニョ
FWアドリアーノ■(61’ジュニーニョ)、ロナウド

■ガーナ
GKキングストン
DFパントシル、イリアス、メンサー、パッポー
MFドラマニ、エリック・アッド(60’ボアテング)、アッピアー、ムンタリ
FWアモアー(69’テキエ・メンサー)、ギャン(81’)

ブラジル 3-0 ガーナ

ブラジルの得点:4分ロナウド、46分アドリアーノ、84分ゼ・ロベルト

BRA-GHA_Ronaldo_Kingston.jpg
先制したのはブラジル。アドリアーノが囮になって(オフサイドポジションだったが)DFを引き連れている内にロナウドがラインを破ってボールを受ける。キーパーと1対1になれば、もうロナウドは簡単に決めてみせる。

BRA-GHA_Adriano.jpg
前半ロスタイムにカウンターからアドリアーノ。ブラジルの素早いカウンターに線審追いつけず、オフサイドポジションのアドを見逃す。ま、この得点が無くても……。

BRA-GHA_ZeRoberto.jpg
ガーナも細かいパスを繋いでよく攻めたが、如何せん決定力がない。数チャンスでそれを得点に結びつけたブラジルと比べるとどうしてもここが劣る。

後半、なんどもラインの裏を取っていたブラジルがようやく得点に結びつける。
するすると上がってきたゼ・ロベルトに合わせてパスが入る。
飛び出してきたキーパーを上手くかわし、無人のゴールに入れるだけ。

後半はキーパーと1対1という場面は何度か作ってはいたが、この試合は守備でガーナを封殺。危なげなく勝利を収めた、と言ったところだろうか?
posted by マクロード at 02:56 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | 決勝トーナメント

2006年06月27日

1回戦-スイス×ウクライナ

■スイス
GKズベルビュラー
DFフィリップ・デゲン、ジュールー(33’グリヒティング)、ミュラー、マグニン
MFフォーゲル、カバナス、ヴィッキー、バルネッタ
FWヤキン(64’シュトレラー)、フライ(116’ルストリネッリ)

■ウクライナ
GKショフコフスキー
DFヴァシチュク、ネスマチニー、ティモシチュク、シェライェフ
MFグセフ、フシン、カリニチェンコ(75’ロタン)、ヴォロニン(110’ミレフスキー)
FWボロベイ(93’レブロフ)、シェフチェンコ

スイス 0(0PK3)0 ウクライナ

どっちも負けたくないが故にまず失点を防ぐような守備が徹底されていた。
ウラを返せばどちらもその守備を崩すことが出来なかった。
SUI-UKR_Shevchenko.jpg
前半33分。肩を脱臼して今大会でのプレーが出来なくなったセンデロスに代わって先発していたジュルーが交替。ケガなのか、戦術的なことなのかは不明。

SUI-UKR_Voronin_Voger.jpg
どちらがボールを持っても中盤では素早くプレスがかかり、なかなか決定機が作れない。
それでも前半にひとつずつポストを叩くシュートがあった。

SUI-UKR_Voronin_Magnin.jpg
ものすごい絡まってますけど、このボールをボロニンが取ればウクライナに決定的なチャンスだったシーン。

シェフチェンコもDFを抜ききらずシュートを打つ場面があったが得点は奪えず。
今大会初のPK戦に突入。
ウクライナの一人目にシェフチェンコが蹴って外すが、そのあと3人決めてスイスが3人とも外して、ウクライナが勝利。ベスト8に進出。次の相手はイタリア。
posted by マクロード at 07:35 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | 決勝トーナメント

1回戦-イタリア×オーストラリア

■イタリア
GKブッフォン
DFザンブロッタ、カンナバーロ、マテラッツィ(51’)、グロッソ
MFペッロッタ、ガットゥーゾ、ピルロ
FWデル・ピエロ(75’トッティ)、トーニ(56’バルツァッリ)、ジラルディーノ(46’ヤクインタ)

■オーストラリア
GKシュウォーザー
DFチッパーフィールド、ニール、ムーア、クリーナ
MFウィルクシャー、カーヒル、グレッラ、ブレッシャーノ
FWステリョフスキ(81’アロイージ)、ヴィドゥカ

イタリア 1-0 オーストラリア

イタリアの得点:95+分トッティ(PK)

ITA-AUS_Oddo.jpg
チェコ戦の途中から出場し、この試合は先発したマテラッツィ。

ITA-AUS_Viduka_Cannavaro.jpg
後半にマテラッツィが一発レッドで退場してからはオーストラリアが一方的に攻める展開。

ITA-AUS_Totti.jpg
しかし、後半ロスタイム。無情にもイタリアにPKが与えられる。
途中出場のトッティが決めて、1-0でイタリアが苦しみながらも勝利。ベスト8に駒を進めた。

にしても、このゴールパフォは何なのでしょう?
posted by マクロード at 07:17 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | 決勝トーナメント

2006年06月26日

1回戦-ポルトガル×オランダ

■ポルトガル:
GKリカルド
DFミゲル、フェルナンド・メイラ、カルバリョ、ヌーノ・バレンテ
MFマニシェ、コスチーニャ(45’)、フィーゴ(84’チアゴ)、デコ(78’)、C・ロナウド(34’シモン)
FWパウレタ(46’ペチート

■オランダ
GKファン・デル・サール
DFブラールズ(63分)、J・マタイセン(56’ファン・デル・ファールト)、オーイェル、ファン・ブロンクホルスト(95’)
MFコク(84’フェネホール・オフ・ヘッセリンク)、スナイデル、ファン・ボメル(68’ハイティンハ)
FWロッベン、カイト、ファン・ペルシー

ポルトガル 1-0 オランダ

ポルトガルの得点:23分マニシェ

POR-NED_Gio_Figo.jpg
まぁ、カードの数とレッドの数を見ればどういう展開だったかは想像がつくハズ。

POR-NED_Maniche_Boulahrouz_Mathijsen.jpg
右サイドにいたデコから中央へ低いクロス。これをパウレタが上がってきたマニシェに渡し、マニシェが一人かわしながらシュート

POR-NED_Maniche.jpg
ポルトガルが波乱の試合の先制点を奪う。

POR-NED_CristianoRonaldo.jpg
前半6分にクリスチアーノ・ロナウドに対してブラールズのファウルでイエロー。このプレーでロナウドは右ふとももを痛めていた。

POR-NED_CristianoRonaldo2.jpg
しばらく、ひっぱったんですが前半33分に交替。悔しいのかロナウドは泣いてます。(交替で入ったのはシモン)

にしても荒れました。
試合を見ながらメモをとってたんですが、
2’ファン・ボメル
6’ブラールズ
19’マニシェ
31’コスチーニャ
45’コスチーニャ
後半
4’ペチート
13’ファン・ブロンクホルスト
  フィーゴ
16’ブラールズ
28’デコ
  スナイデル
  ファン・デル・ファールト
29’リカルド
30’ヌーノ・バレンテ
32’デコ
49’ファン・ブロンクホルスト

イエローカードが16枚。レッドが4枚。一発レッドは無かったが後半途中から明らかにプレーが荒くなっていった。

後半27分にミゲルが上がってしまったあとのオランダのカウンター。
ロッベンがボールを持ってドリブルし、PA内からクロス。このボールはクリアされるが、こぼれ球をスナイデルがシュートにいく。カルバリョがブロックにいって痛む。
しかし、そのままプレーが続けられポルトガルがボールをセンターラインを超えたあたりまで持っていった所で主審がプレーを中断。(審判がプレーを止めたのでドロップボールで再開すべき)
このあとプレーを再開したが、オランダ側がポルトガルにボールを帰さずにプレーを始めたためこのあたりから更にヒートアップ。
このオランダの攻撃を止めにスライディングをしたデコにイエロー。(多分マタイセンが削られる)プレーが止まるがスナイデルがデコに突進。選手が揉みくちゃに。

ロスタイムが6分もあったけど、攻めるオランダはポルトガルゴールを割ることが出来ず敗戦。ベスト16で消えることになりました。

これで、ポルトガルはイングランドとの対戦が決定。しかし、デコ、コスチーニャは出られません。クリスチアーノ・ロナウドはケガの程度によっては出られないかもしれません。次は少々厳しいかも。
posted by マクロード at 06:49 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | 決勝トーナメント

1回戦-イングランド×エクアドル

■イングランド
GKロビンソン
DFハーグリーブス、テリー、ファーディナンド、アシュリー・コール
MFベッカム(87’レノン)、キャリック、ジェラード(92’ダウニング)、ランパード、ジョー・コール(77’キャラガー
FWルーニー

■エクアドル
GKモラ
DFデ・ラ・クルス、ウルタード、エスピノサ、レアスコ
MFバレンシア、エドウィン・テノリオ(69’ララ)、カスティージョ、メンデス
FWデルガド、カルロス・テノリオ(71’カビエデス)

イングランド 1-0 エクアドル

イングランドの得点:60分ベッカム

ENG-ECU_Beckham.jpg
まぁ何とはなくベッカム(前半)

ENG-ECU_Rooney_Castillo.jpg
ワントップでひとり、頑張っていたようです。

ENG-ECU_CarlosTenorio_Lampard_Castillo_Robinson.jpg
めちゃくちゃ高く飛んでます。

ENG-ECU_Mora_Espinoza_Rooney.jpg

ENG-ECU_Beckham2.jpg
で、ベッカム

ENG-ECU_Mora.jpg
エクアドルのGKモラの手を弾いてゴール。

ENG-ECU_Beckham_AshleyCole.jpg
後半15分ベッカムが直接FKを決め、ようやくイングランドが先制。
よく見ると後半になってベッカムが半袖→長袖に代わっている。
その1点を守りきりイングランドが勝利。とはいえ、イングランドもさほど良い出来ではなかったらしい。
むしろ、クラウチがトップにいる方がイングランドらしいサッカーが出来るような…。
posted by マクロード at 02:41 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | 決勝トーナメント

2006年06月25日

1回戦-アルゼンチン×メキシコ

■アルゼンチン
GKアボンダンシェリ
DFスカローニ、アジャラ、エインセ、ソリン
MFマスチェラーノ、カンビアッソ(76’アイマール)、マキシ・ロドリゲス、リケルメ
FWサビオラ(84’メッシー)、クレスポ(75’テベス)

■メキシコ
GKオズワルド・サンチェス
DFマルケス、オソリオ、サルシド
MFカストロ、メンデス、パルド(38’トラード)、グアルダード(66’ピネダ)、モラレス(74’シーニャ)
FWボルヘッティ、フォンセカ

アルゼンチン 2EX1 メキシコ

アルゼンチンの得点:10分クレスポ、98分マキシ・ロドリゲス
メキシコの得点:6分マルケス

ARG-MEX_Marquez_Ayala_Abbondanzieri.jpg
試合開始早々のセットプレイからマルケスが先制点。アルゼンチンの出鼻をくじく。

ARG-MEX_Crespo_Sanchez_Mendez.jpg
しかし、同じくセットプレイからクレスポに決められて同点に。

ARG-MEX_Crespo_Sanchez_Borgetti.jpg


ARG-MEX_Riquelme_Salcido.jpg
決定的な仕事はクレスポへのキックくらいだが、持ち前のキープ力を生かした司令塔っぷり

ARG-MEX_Pardo.jpg
メキシコとしてはこのパルドの負傷交替、

ARG-MEX_Guardado.jpg
グアルダードの負傷交替が痛かった。

ARG-MEX_Tevez.jpg
アルゼンチンは後半になって、このテベスとアイマールを投入。

ARG-MEX_Messi.jpg
少し後にメッシーをも投入。

しかし、得点は奪えず1-1のまま後半終了。
延長戦に突入。

ARG-MEX_MaxiRodriguez.jpg
延長前半8分。マキシが決めた。

ARG-MEX_MaxiRodriguez2.jpg
左サイドからの長いボールを胸トラップ

ARG-MEX_MaxiRodriguez_Pineda.jpg
落ち際に左足を降り抜いて、ボールは左隅へ落ちて吸い込まれていった。

ARG-MEX_OswaldoSanchez.jpg
このまま試合は終了。2-1、延長戦での得点でアルゼンチンが勝利。準々決勝でドイツとの対戦が決まりました。
posted by マクロード at 07:40 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | 決勝トーナメント

1回戦-ドイツ×スウェーデン

■ドイツ
GKレーマン
DFフリードリヒ、メツェルダー、メルテザッカー、ラーム
MFシュナイダー、フリンクス(85’ケール)、バラック、シュバインシュタイガー(72’ボロウスキ)
FWポドルスキ(74’ノイビル)、クローゼ

■スウェーデン
GKイサクション
DFアレクサンデション、メルベリ、ルチッチ(35’)、エドマン
MFリュングベリ、リンデロート、シェルストレーム(39’ハンソン)、ヨンソン(52’ヴィルヘルムション)
FWイブラヒモビッチ(72’アルバック)、ラーション

ドイツ 2-0 スウェーデン

ドイツの得点:4分、12分ポドルスキ

GER-SWE_Podolski.jpg


GER-SWE_Podolski_Isaksson.jpg


GER-SWE_Lucic.jpg


GER-SWE_Lucic2.jpg
まさに、“頭(こうべ)を垂れる”ですな。

ほとんど見てない試合なんで写真を貼るものつまんないですが、試合内容もイマイチだったみたいです。
ドイツは、『アルゼンチン×メキシコ』の勝者との対戦です。
posted by マクロード at 03:03 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(1) | 決勝トーナメント

2006年06月24日

組み合わせ決定

01.『ドイツ×スウェーデン
02.『アルゼンチン×メキシコ
03.『イングランド×エクアドル
04.『ポルトガル×オランダ
05.『イタリア×オーストラリア
06.『スイス×ウクライナ
07.『ブラジル×ガーナ
08.『スペイン×フランス

09.『01の勝者×02の勝者』
10.『03の勝者×04の勝者』
11.『05の勝者×06の勝者』
12.『07の勝者×08の勝者』

13.『09の勝者×11の勝者』
14.『10の勝者×12の勝者』

15.『13の敗者×14の敗者』:3位決定戦
16.『13の勝者×14の勝者』:決勝

欧州:10ヶ国
南米:3ヶ国
アフリカ:1ヶ国
オセアニア:1ヶ国
北中米:1ヶ国
posted by マクロード at 07:13 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(1) | 決勝トーナメント

スイス×韓国

■スイス
GKズベルブエラー
DFフィリップ・デゲン、センデロス(53’ジュールー)、ミュラー、スパイヒャー
MFビッキー(88’ベーラミ)、フォーゲル、ヤキン(70’マルガイラツ)、カバナス、バルネッタ
FWフレイ

■韓国
GKイ・ウンジェ
DFイ・ヨンピョ(62’アン・ジョンファン)、チェ・ジンチョル、キム・ジンギュ、キム・ドンジン
MFイ・ホ、キム・ナミル、イ・チョンス
FWパク・チソン、パク・チュヨン(65’ソル・ギヒョン)、チョ・ジェジン

スイス 2-0 韓国

スイスの得点:23分センデロス、77分フレイ

アジア勢全滅…。
SUI-KOR_Senderos_LeeWoonJae_ChoJaeJin_Mueller.jpg
先制したのはスイス。DFのセンデロスがセットプレイから。

SUI-KOR_Senderos_Cabanas.jpg
しかし、振り抜いた頭がチェ・ジンチョルの頭とぶつかり流血。

SUI-KOR_ChoiJinCheul_Frei.jpg
チェ・ジンチョルも流血。

SUI-KOR_Frei_Barnetta.jpg
追いつきたい韓国だが、ゴール前でスイスの出した横パスに足を出し、それがフレイへの絶好のパスとなり、失点。

後半になって、アン・ジョンファンやソル・ギヒョンらを投入して点を奪いにいったが得点出来ず。
韓国は勝点4のまま。スイスが勝点を7にし、1位で通過を決めました。
これで、スイスは決勝トーナメントでウクライナとの試合です。
posted by マクロード at 06:32 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループG

トーゴ×フランス

■トーゴ
GKアガサ
DFニボンベ、チャンガイ、ヤオヴィ、アジアウォヌ
MFシェリフ・トゥーレ(59’オルファデ)、セナヤ、サリフ、フォルソン
FWアデバヨール(75’ドセヴィ)、クバジャ

■フランス
GKバルテズ
DFサニョル、テュラム、ギャラス、シルヴェストル
MFマルダ(73’ヴィルトール)、マケレレ、ヴィエラ(81’A・ディアッラ)、リベリ(77’ゴブ)
FWトレゼゲ、アンリ

トーゴ 0-2 フランス

フランスの得点:55分ヴィエラ、61分アンリ

前半を0-0で折り返したときはどうなるかと思ったよ。
TOG-FRA_Trezeguet.jpg
累積警告のジダン。先発にはアンリとトレゼゲが。

TOG-FRA_Vieira_Makelele_Malouda.jpg
後半10分にヴィエラ。振り向きざまにシュート。

TOG-FRA_Henry_Agassa.jpg
追加点はアンリ。ヴィエラが落としたボールをDFを背負いながらシュート。

0-2で勝ったフランスが勝点を5にし、スイス×韓国の試合結果を待つ。
posted by マクロード at 06:18 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループG

サウジアラビア×スペイン

■サウジアラビア
GKザイード
DFアル・ドサリ、レダ・トゥカル、アル・モンタシャリ、フセイン・スリマニ(81’マサド)
MFアル・ハスラン、ヌール、アル・ハリリ、アル・タケル(13’アル・テミヤト
FWアル・ジャバー(68’マース)、アル・ハルシ

■スペイン
GKカニサレス
DFサルガド、マルチェナ、ファニート、アントニオ・ロペス
MFアルベルダ、イニエスタ、セスク(66’シャビ)
FWホアキン、ラウール(46’ビジャ)、レジェス(70’フェルナンド・トーレス)

サウジアラビア 0-1 スペイン

スペインの得点:36分ファニート

メンバー、落としすぎじゃないっスか?
KSA-ESP_Juanito.jpg
特に後半がグダグダだったので写真なんて1枚しか貼んねぇ
posted by マクロード at 03:57 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループH

ウクライナ×チュニジア

■ウクライナ
GKショフコフスキー
DFネスマチニー、ルソル、スヴィデルスキー、ティモシチュク
MFシェライェフ、グセフ、レブロフ(54’ボロベイ)、カリニチェンコ(75’フシン)
FWシェフチェンコ(88’ミレフスキー)、ボロニン

■チュニジア
GKブムニジェル
DFトラベルシ、ジャイディ、アヤリ、ムナリ
MFハギ、ブアジジ(79’ベン・サーダ)、シェドゥリ(79’サントス)、ナムシ
FWナフティ(91’ゴドバネ)、ジャジリ(47’)

ウクライナ 1-0 チュニジア

ウクライナの得点:71分シェフチェンコ(PK)

UKR-TUN_Jaidi_Shevchenko.jpg



UKR-TUN_Voronin_Jaidi.jpg
随分低調な試合だったらしいです。


UKR-TUN_Jaziri_Sviderskyi_Shelayev.jpg

ウクライナが勝点を6にし、2位で決勝トーナメント進出。
posted by マクロード at 03:54 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループH

2006年06月23日

日本×ブラジル

■日本
GK川口能活
DF加地亮、中澤佑二、坪井慶介、三都主アレサンドロ
MF稲本潤一、中田英寿、小笠原満男(56’中田浩二)、中村俊輔
FW玉田圭司、巻誠一郎(60’高原直泰)(66’大黒将志)

■ブラジル
GKヂダ(82’ロジェリオ・セニ)
DFシシーニョ、ルッシオ、ファン、ジウベルト
MFジウベルト・シウバ、ジュニーニョ、カカ(71’ゼ・ロベルト)、ロナウジーニョ(71分リカルジーニョ)
FWロナウド、ロビーニョ

日本 1-4 ブラジル

日本の得点:33分玉田圭司
ブラジルの得点:46+分ロナウド、53分ジュニーニョ、59分ジウベルト、81分ロナウド

JPN-BRA_Tamada_Alex_Nakata_Ogasawara.jpg

JPN-BRA_Ronaldo_Kawaguchi.jpg

JPN-BRA_JuninhoPernambucano.jpg

JPN-BRA_Gilberto_Inamoto.jpg

JPN-BRA_Ronaldo_Nakazawa.jpg

勝てません。
posted by マクロード at 06:54 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループF

クロアチア×オーストラリア

■クロアチア
GKプレティコサ
DFシミッチ(85’)、トマス(84’クラスニッチ)、シムニッチ(94’)
MFスルナ、ニコ・コバチ、トゥドール、バビッチ、クラニチャル(65’イェルコ・レコ)
FWプルショ、オリッチ(73’モドリッチ)

■オーストラリア
GKカラッチ
DFニール、C・ムーア、チッパーフィールド(75’ケネディ)、エマートン(87’)
MFグレッラ(63’アロイージ)、クリーナ、カーヒル、ステリョフスキ(71’ブレッシャーノ)
FWキューウェル、ヴィドゥカ

クロアチア 2-2 オーストラリア

クロアチアの得点:2分スルナ、56分ニコ・コバチ
オーストラリアの得点:38分ムーア(PK)、79分キューウェル

いやーオーストラリアがよくやりましたよ。
先制されて追いついて、突き放されて追いついて。これで勝点を4。2位で決勝トーナメント進出ですよ。
HRY-AUS_Srna.jpg

HRY-AUS_Neill_Emerton.jpg

HRY-AUS_NikoKovac_Srna_Moore_Cahill_Kalac.jpg

HRY-AUS_Kewell_Srna.jpg

HRY-AUS_Kewell_Moore_Cahill_Viduka.jpg

HRY-AUS_Kewell_Culina.jpg

緒戦が全てですな。
posted by マクロード at 06:37 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループF

ガーナ×アメリカ

■ガーナ
GKキングストン
DFメンサー、パインスティル、イリアス、モハメド
MFアッピアー、エッシェン、ドラマニ(80’テキエ=メンサー)、ボアテング(46’オットー・アッド)
FWアモアー(59’エリック・アッド)、ピンポン

■アメリカ
GKケラー
DFコンラッド、オニェウ、チェルンドロ(60’ジョンソン)、ボカネグラ
MFルイス(74’コンヴェイ)、デンプシー、レイナ(40’オルセン)、ビーズリー、ドノバン
FWマクブライド

ガーナ 2-1 アメリカ

ガーナの得点:22分ドラマニ、45分アッピアー(PK)
アメリカの得点:43分デンプシー

GHA-USA_Appiah_Amoah_Pantsil_Draman_Boateng.jpg
ガーナが幸先よく先制。

GHA-USA_Beasley_McBride_Lewis_Dempsey.jpg
次へ進むには勝つしかないアメリカ。

GHA-USA_Appiah_Pimpon.jpg
PKを決めて勝ち越し。

これでガーナが勝点を6に。チェコが負けたため2位で決勝トーナメントへ進みます。順当に行けばブラジルですが…。
posted by マクロード at 02:32 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループE

チェコ×イタリア

■チェコ
GKチェフ
DFグリゲラ、ロゼフナル、コバチ(78’ハインツ)、ヤンクロフスキ
MFポラーク(45’)、ポボルスキー(46’スタイネル)、ロシツキー、ネドベド、プラシル
FWバロシュ(64’ヤロリム)

■イタリア
GKブッフォン
DFザンブロッタ、カンナバーロ、ネスタ(17’マテラッツィ)、グロッソ
MFカモラネージ(73’バローネ)、ピルロ、ペッロッタ、ガットゥーゾ
FWトッティ、ジラルディーノ(60’インザーギ)

チェコ 0-2 イタリア

イタリアの得点:26分マテラッツィ、87分インザーギ

CZE-ITA_Materazzi_Gilardino_Cannavaro.jpg
17分にネスタが痛んで代わりに入ったマテラッツィのゴールで先制。コーナーからだった。


CZE-ITA_Polak_Plasil_Camoranesi_Cannavaro.jpg
しかし、前半終了間際。ポラクがこの日2枚目のイエローで退場。


CZE-ITA_Inzaghi_Cech.jpg
途中出場のインザーギがダメ押し点。


CZE-ITA_Totti_Kovac.jpg
ケガ人が出てからうまく回らなくなったチェコはここで姿を消すことになります。

1位イタリア 勝点7
2位ガーナ  勝点6
3位チェコ  勝点4
4位アメリカ 勝点1
posted by マクロード at 02:17 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループE

2006年06月22日

コートジボワール×セルビア・モンテネグロ

あ〜あ、コートジボワールw
■コートジボワール
GKブバカル
DFエブエ、クアシ、ドモロー(92’)、ボカ
MFゾコラ、ケイタ(72’ボナベントゥル・カルー)、ヤヤ・トゥーレ、アカレ(60’バカリ・コネ)
FWアルナ・コネ、ディンダン

■セルビア・モンテネグロ
GKイェヴリッチ
DFガヴランチッチ、ネナド・ジョルジェビッチ、ドゥディッチ、クルスタイッチ(16’ナジ(45’))
MFエルギッチ、ドゥリャイ、スタンコビッチ、プレドラグ・ジョルジェビッチ
FWイリッチ、ジギッチ(66’ミロシェビッチ)

コートジボワール 3-2 セルビア・モンテネグロ

コートジボワールの得点:37分ディンダン(PK)、67分ディンダン、86分ボナベントゥル・カルー(PK)
セルビア・モンテネグロの得点:10分ジギッチ、20分イリッチ

CIV-SCG_Djordjevic_Zigic.jpg
またしても早い時間帯に2失点するコートジボワール。

CIV-SCG_Krstajic.jpg
しかし、クルスタイッチが腕を痛めて交替。骨折しているかもしれないらしい。

CIV-SCG_Dindane_Zokora_ArounaKone.jpg
ここからコートジボワールが得点を重ねる。

45分にクルスタイッチに代わって入ったナジィが2枚目のイエローで退場。
後半に2得点したコートジボワールが逆転勝利。
ようやく勝点を手にした。
posted by マクロード at 15:26 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループC

オランダ×アルゼンチン

アルゼンチン強いな
■オランダ
GKファン・デル・サール
DFヤリエンス、ブラールズ、オーイェル、デ・クレル
MFスナイデル(86’マドゥーロ)、コク、ファン・デル・ファールト
FWファン・ペルシー(67’ランザート)、ファン・ニステルローイ(56’バベル)、カイト

■アルゼンチン
GKアボンダンシェリ
DFブルディッソ(24’コロッチーニ)、アジャラ、ミリート、クフレ
MFマスケラーノ、カンビアッソ、マキシ・ロドリゲス、リケルメ(79’アイマール)
FWメッシー(70’クルス)、テベス

オランダ 0-0 アルゼンチン

NED-ARG_Kuyt_Burdisso.jpg
オランダはロッベン、ファン・ボメル、マタイセン、ファン・ブロンクホルストらを温存。代わりにカイト、ファン・デル・ファールト、オーイェル、デ・クレルらが先発。

NED-ARG_Burdisso_Coloccini.jpg
アルゼンチンも主力選手から数名を温存。先発したブルディッソは股関節を痛めたらしく、前半のうちにコロッチーニと交替。

NED-ARG_Tevez_Sneijder.jpg
クレスポ、サビオラを温存。代わって先発は、このテベスと、

NED-ARG_Messi_Boulahrouz.jpg
メッシー。控えでこのクオリティ。

プレスの速さは相変わらずのアルゼンチン。多くのチャンスを作ったが得点には至らずスコアレスドロー。
1位アルゼンチン、2位オランダでグループリーグを終えた。
posted by マクロード at 15:00 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループC

ポルトガル×メキシコ

勝って決勝トーナメント進出を決めておきたいメキシコ。
■ポルトガル
GKリカルド;ミゲル(61’パウロ・フェレイラ)、カルバリョ、フェルナンド・メイラ、カネイラ、ペチート、マニシェ、チアゴ、フィーゴ(80’ボア・モルテ)、シモン、ポスチガ(69’ヌーノ・ゴメス

■メキシコ
GKオズワルド・サンチェス
DFロドリゲス(46’シーニャ)、オソリオ、サルシド
MFマルケス、ピネダ(69’カストロ)、メンデス(80’フランコ)、パルド、ルイス・ペレス(61’)
FWフォンセカ、ブラボ

ポルトガル 2-1 メキシコ

ポルトガルの得点:6分マニシェ、24分シモン(PK)
メキシコの得点:29分フォンセカ

POR-MEX_Maniche_OswaldSanchez.jpg
前がかりになるメキシコから一瞬の隙を付いたポルトガルの先制点。

POR-MEX_Simao_Miguel_Maniche_Tiago_Caneira_Meira_Figo.jpg
そして、マルケスのありえないプレー(競り合いで手を使う)からPK献上。

POR-MEX_Fonseca_Rodriguez.jpg
しかし、メキシコも得点。

このあと、ルイス・ペレスがシミュレーションを取られて2枚目のイエローを貰い退場するが、それでも守勢に回るポルトガルを崩せずこのまま敗戦。
アンゴラが引き分けたため、メキシコは2位通過を決めた。
一方、主力(パウレタ、デコ、クリスチアーノ・ロナウド)を温存して挑んだポルトガルはしたたかに得点を重ね順当に駒を進める。
posted by マクロード at 03:27 | Permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | グループD

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。